第122話 城へ続く道


こんにちはっ



ゆうなです!



休日は家でのんびり過ごすのが好きな私ですが、



少しでも身体を動かそうと、先日お散歩してきました。



首里城のお話しは、「第117話」でもしましたね。



観光地として超!有名ですが、



実はこの首里城近くに、素敵なお散歩道があるのはご存知ですか?



「金城町の石畳道」です。



戦争で一部がなくなり300mほどの長さですが



急勾配で、登りの際は息があがってしまうほどです。



琉球石灰岩が敷き詰められた幅約4mの小さな道を、



周りの赤瓦の民家や、道端にぽつんと咲いているお花を見ながらゆっくり歩きます。









時々後ろを振り返って、



どこまでも続く石畳を見ると時間が止まったような感覚になります。



1522年頃に作られたこの石畳道は現在、



沖縄県指定文化財になっています。









石を敷き詰めた道なので平坦ではなく、



雨の日は滑りやすいので、歩きやすい靴で行きましょう。



あと住宅街でもあるので、騒いだりするのはマナー違反ですねっ





個人的には、首里城より好きなスポットです!





確かに、坂道はキツイですが



振り返って見る石畳や、赤瓦、空の色をゆっくり見ながら歩くと



心も落ち着きますし、坂道だという事も忘れてしまいますよ!



疲れて下だけ見て歩くなんてもったいないです!



美ら海水族館、首里城ではなく



一味違う沖縄を感じたい!という方に



オススメです☆



いかがでしたか?



今回はこのへんにしたいと思います!



皆様からのご意見ご感想など



メールをお待ちしております☆



blog@0438.jp



こちらまで!



それでは皆様、また来週……









文)そんないプロジェクト ゆうな



No Comments