「第142回 『2001年宇宙の旅』の続編『2010年』」 byそんない雑貨店 @sonnaip

日常系雑学番組「そんない雑貨店」へ、いらっしゃいませ!

SF映画としてとってもよくできてるのに、前作の評価があまりに高いので不遇な扱いを受けている映画「2010年」
こんな人も、あんな人も出てました。そして制作にはあの人も!
クラーク御大のカメオ出演。
いまからでも間に合う「2001年宇宙の旅」

みなさまからのお便り、お待ちしております!
zakka@0438.jp

1 Comment

  1. もいち より:
    いつも楽しく聴いています。今回の2001年、2010年かなりネタばれしてましたね(笑)私も久しぶりに観ようかと思います。さて和田さんも話題にしていたアーサー・C・クラークの小説、2061年はさておき、2010年でHALが反乱した謎が解り、3001年でついにモノリスの謎が解った。3001年は発売を楽しみして一気に読みましたが、そのオチはがっかりしました。と言うのも、そのオチはずっと前、既に石ノ森章太郎がサイボーグ009の天使編で使っていた内容と一緒です。アーサー・C・クラークが真似したのか、たまたま同じ発想を持ったのかまでは知る由もありませんが、日本の漫画家は偉大だと思います。なんてこと思い出しながら今回聴いていました。では、これからも楽しい話題を楽しみにしています!