第85話 BIRKENSTOCKとは2

こんにちはっ

ゆうなです!

 
さて、先週から熱く語っていますビルケンシュトック!

とても機能性のある、素晴らしい靴メーカーですっ

 
…とお話ししましたが、サイズを正しく知らないと

意味をなさなくなってしまいます!

サイズの測り方をご紹介しますね☆

 
まず、ベルトがあるタイプならすべて外してください。


かかとを合わせた状態で

つま先に指1本分の余裕があればOKです!


最後に、ベルトはゆるくなりすぎないように締めてください☆

 
指1本分、ベルトの締めかた…

などよくわからないと思うので、簡単な方法を紹介します!

 
立ち上がった状態で、片足のかかとを上げます。

この時に指がサンダルから出てしまったら、

そのサイズは小さいという事です!


↑これはOK!


↑指がサンダルから出てしまっています!NG!

 
ちなみに、同じサイズでも幅狭、幅広タイプがあるものなど

色々なんです…。

 
でも、大体ビルケンのお店には専門スタッフがいますので

教えてもらってください( ^∀^)笑

 
種類も豊富なんですよ!

 
インソールがコルクタイプのもの、

EVA という樹脂でできたビーチサンダルとして使えるタイプは

履き心地も柔らかくとても軽いです!


Papillioというレディースラインもありまして、

厚底タイプや、2cm、3cmのヒールサンダルもあります!

 
でもやっぱり、最初は通常のタイプをオススメしますねっ

前回お話ししたように、足を正しい形に直していくというのが

ビルケンの本質なので(^_^)/

 
ビルケン発祥のドイツを始め、「家でも土足文化」のある国では

外でパンプスやヒール、革靴を履いて

家に帰ると足休めのためにビルケンに履き替える、

室内履きとして持っている方が多いと聞きました。

 
土踏まずなどに起伏のあるフットベット(インソール)

に慣れるという意味でも、通常タイプから始めてみて

2足目にファッション性のあるものを選んでも良いと思います!

 
いかがでしたか?

 
ここまでたくさんお話ししてきましたが、

やっぱり全部は語りきれません!笑

 
興味を持って頂けたら、是非お店へ行って

色々なタイプのビルケンを試履きしてみてくださいね!

 
 
 
今回はこのへんにしたいと思います!

皆様からのご意見ご感想など

メールをお待ちしております☆

blog@0438.jp

こちらまで!

コメントも嬉しいです!

 
いつも読んで頂いてありがとうございますっ

それでは皆様、また来週……


文)そんないプロジェクト ゆうな

 

No Comments