第206話 はじまりの合図


こんにちはっ



ゆうなです!



とうとう最後の回になってしまいました…。



今回は火災後の首里城の今を紹介したいと思います。







ここは正殿があった場所です。



赤と白のシマシマは見覚えがあるのではないでしょうか?







赤漆の鮮やかな姿からは一転、無機質な城壁に目がいきますが



なぜか神秘的な雰囲気も感じてしまいました。







ここからの眺望は、正殿が存在していた頃には



こんなに綺麗だと気づかなかったでしょう。



再建が進むと、またこの風景もしばらく見られなくなります。



語弊がありますが、首里城が一から始まるのを見られるのは



すごく貴重だと思います。





時々ニュースで見ますが私自身、



県外の方が首里城火災のことを気にかけてくれるのが意外でした。



旅行もなかなか叶わない時期ですので、代わりに首里城の今を写してきました。















このような状況ですが、首里城内にお茶屋さんができていて



琉球王国のお菓子をワンコインで体験できました。











お店のかたが説明書きを渡してくれて、美味しく食べる順番など



書かれていましたが気づかず好きなものからガンガン食べてしまいました。笑



初めて食べましたが、私は冬瓜漬けが甘くて美味しかったです!





最後に…



そんないプロジェクトに参加できてとても幸せでした。



私も沖縄に住んでいながら地元のことを全く知らなかったので



学びながらみなさまに紹介できて本当によかったです。



毎回毎回、長い文章を読んでいただいてありがとうございました!





いかがでしたか?



私が担当するブログは今回で最後になりますが



ご意見ご感想など



メールをお待ちしております



blog@0438.jp



こちらまで!



コメントでも構いません。



それでは皆様、またどこかで……



現在の首里城からの眺望です。







文)そんないプロジェクト ゆうな



2 Comments

  1. Name* より:
    ゆうなさん、素敵なブログありがとうございました。
    ブログをガイドに沖縄に行きます。
    復活を待っています!
  2. clubhiko より:
    ゆうなさん。お疲れ様でした。
    ゆうなさんはそんないプロジェクトにまた違ったテイストの風を
    吹かせていたような気がします。
    いろんな色のそんないプロジェクトだから、
    こんなにたくさんのファンがいて、
    ゆうなさんのブログもどのポッドキャストの番組に負けない
    とても華やかな色だったとおもいます。
    いつかまた、落ち着いたら、新しい花を咲かせてください。