第197話 三つの言葉


こんにちはっ



ゆうなです!





最近、昔撮った写真を見ていたら、首里城の内部の写真がありました。



ご存知の方も多いと思いますが、首里城は昨年大規模な火災に見舞われ



正殿などほとんどの建物が消失してしまいました。





現在は再建に向け進んでいますが、外観などは再現できたとしても



個人的には螺鈿などの美術工芸品が



もう見られなくなってしまったのが寂しかったです。



撮影NGな美術品もあったと思うので…。





そんな中3枚だけ、私は首里城内の写真を撮っていました。



何度か首里城はこのブログでも取り上げているので、既出だと思いますが



これが今はもう無いんだと思うと考えるものがありました。







中山世土



(ちゅうざんせいど)



琉球は中山が代々治める土地である。







輯瑞球陽



(しゅうずいきゅうよう)



球陽(琉球)にはめでたい印が集まっている。







永祚瀛壖



(えいそえいぜん)



海の向こうの琉球を永く幸いに治めよ。





この書は歴代の中国皇帝自らが書いた書の複製のようです。



首里城は火災以前にも戦争などで何度か再建されています。



復元する際、それぞれの中国皇帝が書いた書物などを調べて



筆跡が忠実に再現されました。



この3つの言葉を見ていると、沖縄の未来はきっと大丈夫だと



思えるような気がしてきました。





いかがでしたか?



ご意見ご感想など



メールをお待ちしております





blog@0438.jp





こちらまで!



コメントも嬉しいです!



それでは皆様、また来週……







文)そんないプロジェクト ゆうな

No Comments