第185話 作品の表情


こんにちはっ



ゆうなです!





前回、私がとある試験に合格しましたという報告をしたのですが



「おめでとう」の言葉をくれたそんないリスナーさまがいて…。



とても嬉しかったです!!



メールの件名が「おめでとうございます!」でしたので、



最初は怪しいメールかと疑ってしまいました。笑



申し訳ございません……。





さて今回は私が愛してやまない『螺鈿(らでん)』という



技法について紹介したいと思います。







この作品の模様部分は、夜光貝というごっつい貝を



削って研いで薄く伸ばして模様の形に貼っていく事で出来ます。



(ゴツい貝)







貝を貼った上からさらに黒漆を塗って、



漆を削っていく事で模模様が浮かびあがり、細かい表現も可能になります。



私が螺鈿を好きな理由は、光の当たり方や見る角度で



作品の表情が変わるところです!





本当に写真では全く伝わらないくらい、螺鈿は実物を見るのをおすすめ



しますね。後々図録を見て、「もっと綺麗だったのに…」と



呟いてしまうと思います。笑



そんな写真しかありませんが、撮影可能だった螺鈿の作品を



いくつか紹介します。







黒漆獅子山水螺鈿印籠







黒漆楼閣人物螺鈿中央卓







黒漆楼閣山水螺鈿小箪笥





前回の芸術作品の名前に関する話も参考に、



解読して見てくださいねー☆





それでは、



ご意見ご感想など



メールをお待ちしております





blog@0438.jp





こちらまで!



コメントも嬉しいです!



それでは皆様、また来週……







文)そんないプロジェクト ゆうな

No Comments