第172話 隣町はアメリカ


こんにちはっ



ゆうなです!





昨日の5月15日は、沖縄が日本本土に復帰した記念日でした。





太平洋戦争の沖縄戦は、1945年3月から始まり6月23日に終戦を迎えます。



このたった3ヶ月の間に、日本軍、連合国軍、民間人を合わせて



20万人を超える人々が犠牲になりました。





終戦後、1945年沖縄はアメリカ軍の統治下に置かれます。



日本本土は1951年にサンフランシスコ講和条約で独立を果たしますが、



その際沖縄でも、日本復帰を希望する署名運動があり



有権者の70%を集めますが民意は届かず…。





そしてようやく日本復帰を果たしたのは1972年。



しかし米軍基地の完全撤去は叶わず、現在も存在しています。





日本復帰から48年しか経っていないのですね。



そういえば両親が、子供の頃はドルを持って駄菓子屋に行ったという話や



復帰の際、車が左側通行になって戸惑ったという事も聞きました。





それから現在まで、米軍基地は基地のまま75年が経ちました。



返還が決まった、世界一危険と言われている基地もありますが



実際、中ではどんな事が行われているのか全く分かりません。





先月、その基地から泡消火剤が漏れだすという事件がありました。



アメリカでは健康被害が報告され使用が制限されている有害物質で、



発がん性があるため、市内の放送で何度も警告の音声が流れていました。





いま私が住んでいる場所は、



地図によると徒歩1時間ほどでアメリカ合衆国(米軍基地)です。





学生時代は基地から離れた場所に住んでいたので、



沖縄が抱える問題を自分事として考えられず



むしろ食文化やフレンドリーに話してくれる軍人さんもいて



基地があって良いのではと思う時もありました。





ですが最近の自粛ムードの中でも航空機の騒音はありましたし、



先ほどの泡消火剤の問題もあります。



いま住んでいる場所は、以前より危険ですが



実際に住んでいる側の当事者の気持ちの理解ができたので



良い面もあったと思っています。





基地の返還が叶ったとしても、75年も使われているので



その土地は汚染されている可能性もあると思うと怖いですね。





沖縄出身のアーティストMONGOL800の「Himeyuri」という曲に



「平和と呼ぶには遠く」



「歴史にするには早く」



というフレーズがあり、戦争の爪あと傷あとはいつまでも残るのだと



実感しています。





ですがまだ、100%基地に反対する気持ちにはなれません。



実生活で出会う軍人さんは良い方ばかりですし、



沖縄の発展も米軍基地と共にあったと思っています。





問題なのは、沖縄と日本とアメリカが対等ではない事だと思います。





どうして対等になれないのかは、



また次回、分かり易く説明したいと思います。





今年は戦後75年の節目、今年は式典を見に行こうと考えていましたが



感染症拡大防止で、今年はおそらく一般の人はその場に行けないと思うので、



今年は6月23日の慰霊の日に向けて私が勉強した事を紹介できればと思います。





このような暗い内容を書くのはすごく迷いましたが、



米軍基地は日本全国にありますし、知っておくことは大切だと思います。





あと私自身、原爆や空襲は不勉強なので



調べている方がいましたら教えてくださいね!





いかがだったでしょうか?



皆様からのご意見ご感想など



メールをお待ちしております。



blog@0438.jp



こちらまで!



それでは皆様、また来週……







文)そんないプロジェクト ゆうな

1 Comment

  1. tama より:
    近頃そんなプロジェクトを聞かせていただいています。
    ゆうなさんのブログも読ませていただいています。
    ありがとうございます
    沖縄のことをこれからも一緒に学ばせてください