第160話 琉球発、世界初?


こんにちはっ



ゆうなです!





明日から3連休戸怒う方も多いと思いますが、



本土では気温が下がるのでしょうか?



私の住む沖縄では2、3日前に少し冷え込んだものの、



今日は20度近くまで上がり、



連休もどうやら晴れの日が続きそうです。



みなさんも体調に気をつけて、ゆっくり休日を過ごしてくださいね。



私は旅行を計画していましたが、中学の同窓会と重なり断念しました…。



沖縄に住んでいると、基本的には旅行は飛行機!です。



宮古島出身の友人は、



「飛行機はタクシー感覚」と言っていたほど



「島」出身の私達には、とても身近な乗り物なんですが、



空を初めて飛んだのはライト兄弟という事はよく知られています。





ですが、ライト兄弟より100年も前に



空を飛んだと伝えられている人物が琉球の時代にいました!



はっきりとした記録は残っていないようですが、



・安里周富(1748〜1799)



・安里周当(1765〜1823)



・安里周祥(1797〜1867)



この3人のうちの誰かではないかと考えられています。



「飛び安里」というあだ名も付いていたようですが、



冗談やうわさ話ではないか、という疑問も大いにあります。



現在は飛び安里が作った飛行の器具は残っていませんが、



1999年に、言い伝えなどを元にして器具を復元し



飛行実験を行ったところ、その飛行機は風を受けて



約15メートル、飛ぶことに成功したといいます。





実際、飛行に成功したと聞くと、



空を飛んだのは本当なのでは…と思ってしまいますね。





こうして飛行機が実用化され、遠く離れた場所に行くことが出来るのは



今では当たり前ですが、凄いことですよね!



メールも頂きましたが、沖縄のことが身近に感じられる



ことがあったり、興味を持ってくださるのはとても嬉しいです。







いかがだったでしょうか?



皆様からのご意見ご感想など



メールをお待ちしております。



blog@0438.jp



こちらまで!



それでは皆様、また来週……







文)そんないプロジェクト ゆうな

No Comments