第153話 はじまりのハナシ


こんにちはっ



ゆうなです!





気づけば2020年ですね。



みなさま、あけましておめでとうございます。







私自身、年末年始は仕事詰めでしたので



なんら普段と変わらない一週間を過ごしていました。



家にテレビがないので、世の中の雰囲気もわかりません。



年明けは、盛り上がったのでしょうか…?





さて、新年最初の記事ということで



衣服のはじまりの話をしてみようかなと思います。



最近、忘れていましたが



私、実は元アパレル店員だったのです。





衣服のはじまりは、大きく2つのパターンに分けられます。



①巻衣型



文字通り1枚の布を身体に巻きつけるタイプ



②縫製服型



身体に合わせて縫われた服





①巻衣型から派生した、腰布形式は熱帯地方に多く見られ



スカートのように着られています。



こちらは腰だけに巻きつける方法ですが、肩から胸、



身体全体に巻きつけるドレーパリー形式というのもあります。



インドのサリーがよく知られていますね。





②縫製服型は、現代にも馴染みのある衣服の基礎です。



まず、長方形の布をふたつ折にして縫い、頭が通る部分を残した



チュニック形式。



日本の弥生時代の女性が着用していたと魏志倭人伝に記述がある



ようですが、これは1枚の布を折るのではなく、2枚の布を縫い合わせ



頭と腕が通るように両脇を縫ったもののようです。



現在のTシャツも元をたどればこの形です。



もうひとつ、着物の起源である前開形式。



前開きの左右を合わせ、腰を紐や帯で止める形式です。



中国をはじめアジアで多く見られますが、トルコなどでは



ガウンのように羽織る様式もあります。



ちなみに、日本の着物が右前なのは



唐代の中国の合わせ方に習ったとされています。





最後に、現代の洋服にもっとも近い



体形衣形式があります。



いわゆる、上着とズボンです。



遊牧民族が馬に乗るため、足の分かれた脚衣を



必要としたことから始まった騎馬服です。





衣服というのは、最初にその土地の気候が大きく関係します。



現在のビジネスルックとして定着しているスーツも、



元はあまり汗をかかないヨーロッパで生まれました。



スーツ以外でも、皮製品など



洗濯するのを前提としない服も身近に多くあります。



高額だからといって、自分にとって良いものとは限りません。



新しい年、



自分の生活に合った衣服を



改めて考えてみるのもいいと思います!





いかがだったでしょうか?



皆様からのご意見ご感想など



メールをお待ちしております。



blog@0438.jp



こちらまで!



それでは皆様、また来週……







文)そんないプロジェクト ゆうな

No Comments