第144話 再出発


こんにちはっ



ゆうなです!



先日の首里城での火災、とても心が痛みます。



そんないブログを始めてから、沖縄の歴史に興味を持ち



その流れで首里城にたどり着きました。



正直、ブログを始める前までは一度しか行ったことがありませんでした。



しかしこの2、3年で10回以上足を運んでいます。



実はこの首里城、沖縄県民でも行ったことが無という人は結構多いのです。



あくまで個人的な見解ですが、



私のように頻繁に訪れている人より



「いつでも行けるだろう」と思い今まであまり行かずにいた人の方が



喪失感や悲しみを抱いている印象です。



私も、もちろん寂しさはありますが



まだまだ記憶は新しく、気持ちはわりと早い段階で切り替えることができました。



再建が叶ったとしても、以前と全く同じ姿とは限りません。



焼失してしまった首里城も、かつては戦後に多くの人、資材、



時間をかけて復元しました。



今は炎に包まれた首里城、消火後の建物が跡形もなく崩れてしまった



写真、映像が多く流れています。



これまで首里城を訪れたことがある方、その際の写真が残っている方、



その首里城もたくさんの人の思いが詰まって復元されたものです。



どうかその写真、記憶の中にある首里城の姿を、



大事に取っておいてください。



それは、とても貴重なものですよ。



県外、海外の方も首里城の火災について悲しみの声があると聞きました。



こんなにたくさんの方に思って頂いてありがたいですし、



多くの人が考えていてくれるからこそ、



再建は早いのではないかと思いました。



戦後の焼け野原、人々も一日を生きる為に精一杯の中でも



首里城は少しずつ復元されたのですから、きっと大丈夫です。



私は変わらず、むしろ前より以上に



首里城について勉強していきます。





珍しく今回は私の感情だけで書いてしまいました。



いかがだったでしょうか?





今回はこのへんにしたいと思います。



皆様からのご意見ご感想など



メールをお待ちしております。



blog@0438.jp



こちらまで!



それでは皆様、また来週……







文)そんないプロジェクト ゆうな

No Comments