第133話 あの世はどんなところ?


こんにちはっ



ゆうなです!



私が住んでいる沖縄のお盆は、毎年旧暦で行うのですが、



今年は偶然、本土のお盆と日付が重なっていました。



旧暦7月13日は祖先の霊を各家に迎え入れ、15日の夜更けに霊をお送りします。



その際『ウチカビ』と呼ばれる、祖先があの世で使うお金を



仏壇の前で火をつけて焼きお供えするという習俗があります。



タテヨコ20センチくらいの薄手の黄色い紙で、銭形が縦10、横5の計50個が



前面に並べて打ち付けられています。



この銭形は、沖縄の古い貨幣をかたどったものだと言います。





今は慣れましたが、子供の頃は「なんでこれがあの世のお金と分かるんだろう」



と不思議でした。



…今でも、不思議ですが。





「あの世」といえば、琉球王国の正史『球陽』には



こんなお話があります。



琉球のとある村で、70歳で亡くなったおじいさんがいました。



亡くなる間際、おじいさんは子供や孫へ向けてこう言いました。



「私がよく歌を歌っていたのは、お前たちも知っているだろう?



 もしあの世が生前と同じであれば、私は死後3日、



 この歌をお前たちに聞かせよう」



そして亡くなったおじいさんのお墓へ行くと、彼の歌声が聞こえてきました。



作られたお話のようですが、王国の『正史』に書かれた内容です。



ちなみに当時は風葬で、遺体はそのまま墓室にあったということになります…。





皆さんは死後の世界、どのように考えますか?



私はとりあえずウチカビで買い物をしてみたいですね!





いかがでしたか?



今回はこのへんにしたいと思います!



皆様からのご意見ご感想など



メールをお待ちしております☆



blog@0438.jp



こちらまで!



それでは皆様、また来週……







文)そんないプロジェクト ゆうな

No Comments