第101話 ころもがえ

こんにちはっ

ゆうなです!

 
本土では寒さが本格化してきているようですね。

私が住む沖縄でも、朝晩は少し冷えるようになってきました。

衣替えはもう済みましたでしょうか?

衣服を改めてみると、気になることはありませんか?

 
たとえば…

毛玉です!

 
着る頻度の多い、重宝している服に限ってできちゃうんですよね。

たくさん着てるから、毛玉ができるのは当たり前か…。

と思ってしまいますが、

ちょっと違うんです!

 
今回はそんなお話しをしていきますっ

 
まず、毛玉とは!

服の摩擦によって引き出された糸同士が絡まって丸まることで発生します。

肘や脇、袖の部分に多いですね。

 
そして!

毛玉のできやすい素材というものがあります!

それは、合成繊維!

アクリルやポリエステルなど、人が作り出した素材ですね。

 
アクリルやポリエステルといった合成繊維による製品は価格も安く、

保管時には虫食いにあうリスクもありませんが、

どちらかというと毛玉になり易い素材です。
毛玉になる理由は、強い繊維であるが故に

しっかり表面に留まるからです。

 
なので、

綿などは、毛玉ができてもそれを留めておく繊維の強さがないので、

ぽろっと自然に落ちてしまいます。

 
毛玉ができやすい、というのを

正しく言い直すと、毛玉ができてもすぐに落ちるか、

その前に繊維にくっついているか、という事ですね!

 
最近は100円ショップでも毛玉取り器が手に入りますね!

ですが、先程も言ったように毛玉は繊維が引き出されたもの。

毛玉取り器でカットするのは服の生地を切ってしまうことになるので、衣服の寿命は縮まります。

 
長く大事に着るなら、購入の時点で素材に気をつけるか、

合成繊維の服は、特別なときなど日を空けて着るようにして、

日常的に着るのは綿素材などにする…等、衣服の役割分担をしてもいいかもしれませんね!

 
「第42回 そんない雑貨店」では、

季節の変わり目となる秋、紅葉についての知識をお話しされています!

 
いかがでしたか?

今回はこの辺にしたいと思います!

皆様からのご意見ご感想など

メールをお待ちしております☆

blog@0438.jp

こちらまで!

コメントも嬉しいです!

それでは皆様、また来週……


文)そんないプロジェクト ゆうな

 

No Comments