第3話「スマホが飛んだり跳ねたりした話」の巻

スマホって、いつかは落とすよね。落とすっていうか、飛ぶよね。

そんないプロジェクトのイワタです。

無事、第3話を迎えました。

仕事中に外出することが多い昨今。
スタスタ歩いてスッと内ポケからスマホを取り出したらば。
なんか勢いで手をスルッと抜けて飛んでくわけ。スマホってモノは。

空飛ぶスマホ。

重力に負けて落ちるスマホ。

ガシっていう音を立てて2~3回跳ねるスマホ。

僕が使ってる美しい造形のXperiaZ1fがねえ。
縦に回転するのさ石畳なところであんちきしょう。

もうもう、最悪なわけ。

「っんあっ ナッ」

とかいう活字化不可能な声も、出るよねえ。

駆けつけ、拾い、そしてがっくり肩を落とすイワタ。

かんぺき orz ←これです。これ。

たまたま、本体のガラス面が割れたりとか、動作上の問題も無かったけれど
装着してるハードタイプのクリアケースは完全に折れたり割れたりね。

よーくみるとケースから露出してる本体カドにおもいっきり傷がッ。

まるで激しい戦闘の割にへっちゃらなんだけどヨロイがボロボロになったベジータのよう。

「もーーー」

と、だいぶ尾を引く凹みっぷりと動揺をひきずって一日過ごすよねえ。

それから数十時間。
クリアケース買い替えて、ついでにクリアケースについてた保護シートも張り替えてみて。

ケースだけはきれいなくせに、本体にワイルドな傷を持つ「やさぐれXperia」に生まれ変わりました。

あの時、「過保護との別れ」だったのかもしれません。

スマホとかって、購入後、結構な時期を大事に大事に扱うでしょ?

不思議とね、一回ちょっと傷がついてしまえば割りかしその後、気楽にぞんざいに扱えるのですよね。
ばんっばんそのあと自宅で床に落としたりしてるし。(胸張って言うほど良いことでもありませんが)

スマホなんてのはねえ、そのくらいがちょうどいいのよ。

と、ちょっとした傷ひとつで大いに気が楽になった話でした。

当ブログについてのご意見・ご感想などなど、お便りお待ちしております。
↓↓
blog@0438.jp

ではまた!

文)そんないプロジェクト・イワタ

No Comments