そんないさかい。チャリ日記。その①

 

そんないプロジェクトのさかい。です。

お休み中のいわたさんに代わり、私もブログをしたためてみようと思います。

*****

そんないっとだる、第95回でもお話ししましたが

私さかいは、じつは自転車が好きでして

それと、弱虫ペダルにハマるという事象が連鎖し

クロスバイクを買ってしまいました…というお話をしました。

 

そこのところをもう少し詳しく、ふいに始まってしまった自転車ライフを

つれづれなままに描いてゆこうと思います。

 

 

IMG_7024

といいますのも、弱虫ペダル(少年チャンピオン/渡辺航 著)

このマンガ(アニメ)が、びっくりするくらい面白かったのです。

絵柄が苦手だからなあ…と読むのを渋っていた、あの頃の自分を叱りたい!

絵柄が少しスピード感あふれるようなタッチになっているのは

渡辺先生が背景や観客、集中線までも自らペン入れをしているからなのですね。

これには驚きました。

久しぶりに面白い「マンガ」に出会ったなあ、と清々しささえ感じます。

 

弱虫ペダルの物語の面白さ、その根幹には、

他を生かすために自分が犠牲になる、武士道のような「散り」の美学があります。

戦いの中で、一人、また一人と散ってゆく…

読んでいて、まるで時代小説を読んでいるかのような感覚に襲われました。

もしも絵がちょっと苦手で…と一歩踏み出せないあなた、

読んで損はないですよーーッ!

 

さて。自転車の話しをしましょう…

IMG_7009

先月、イタリアのGIOSというメーカーのMISTRALというクロスバイクを購入しました。

クロスバイクは初めてでしたが、乗ってみて、今まで乗っていたママチャリと

明らかに違う、ペダルの軽さにびっくりしました。

軽いーーー!!!

少しの上り坂だったら平坦を走っているくらいの軽さ。それでいてスピードは落ちない。

ペダルを踏む度に笑顔になってしまいます。

一度漕ぎ出すと楽しくなりすぎてしまい、ついつい遠出してしまうのを抑えるのが大変です。

この疾走感は、スノーボードに似ているなあと思いました。

実はさかい。はスノボを趣味にしていた時代があり(ワンメイクなどをやっていた)

一番ハマっていた時はBURTONのBALANCEに乗っていました。

(オリンピックの選手が使用するようなのを無駄に所有していた…)

ビンディングはカーボンにしていたなあ…今では良い思い出です。

ちなみに今はSALOMONのLOTUSを持ってます。←こちらは初心者モデル。

 

そしてロードバイク、クロスバイクを選んでいるとき、

スノボの板を選んでいる時の感覚に近いなあと感じました。

共にスピードを出す、相棒のような。

好きな選手と同じメーカーを選ぶことができるし

がんばればトッププロと同じ機材に乗れます。

GIANT、MERIDA、BIANCHI、TREK、COLNAGO…

スノボ同様、沢山の海外のメーカーが出していますしね。

 

そんななか、いろいろな紹介記事をネットサーフする中で

GIOSのMISTRALがとてもリーズナブルだと評されていたので、購入するに至りました。

どうやらこの自転車、いろいろな個所にロードバイクのエントリーモデル用のパーツが使用されており、

特にロードバイク用のホイールを履いているという事が、人気の大きなウエイトを占めていたようです。

今はクロスバイク用の28Cというタイヤを履いていますが

一般的なロードバイクの23Cに付け替えることができるのです!

実際にカスタマイズしている方もたくさんいらっしゃいます。

それを知るとカスタマイズしたくなるなあ。

IMG_7022

とはいえ、まずはクロスバイクに慣れなければ。

まず、一番最初に購入したのはヘルメットでした。

あまり車の多くない、走りやすい道を選びますが、どうしても車道を走ることが増えました。

自身の安全と、車を運転する方への配慮も含めて

ちょっぴり恥ずかしいですが、ヘルメットは必ずかぶるようにしています。

他にもいろいろと、購入してグッズが増えてきているのですが

それはまた、後日、(書けたら)お知らせします。

 

お読みいただきありがとうございました^^

 

(文責:さかい。)

 

No Comments