「第283回 天文学と印刷展と11月の天文現象」 byそんない理科の時間B @sonnaip

免疫の働きの補足説明
「天文学と印刷」展にいってきた

11月の天文現象
・新月11/8、満月11/23
 11/15に月面X
・水星は上旬に日暮れに見えているその後太陽に重なる
・金星 明けの明星 月の後半に見やすい 上旬に細い
・火星 日暮れに南中し深夜に沈む
・木星 太陽に近く見えない
・土星 夕暮れだけ見える

・おうし座流星群としし座流星群

・夏の大三角から秋の星座、深夜に冬の星座が見えてきます
・南には、魚座、牡羊座

天文学と印刷展へのリンク

メイルをお待ちしています rika@0438.jp

No Comments