第30話「ケータイ補償サービス万歳」の巻

そんないプロジェクトのイワタです。

12月ですなあ。

「そんなことないっしょ」で竹内さんも言ってましたが、流行語大賞がなんとも納得しづらい。

スポーツ系でいくなら絶対五郎丸さんじゃね?
本人に断られたのかな。

とか、思ってしまう。

グーグルの2015年版 検索ワードランキングの方が、今年の世相を表してる気がしてしっくりくる。

上位の5つがこちら。

1位 マイナンバー
2位 ラッスンゴレライ
3位 エンブレム
4位 ドローン
5位 北陸新幹線

ユーキャンの方の流行語対象が発表された12月1日に「トリプルスリー」の検索ワードも上昇したとか。

大賞受賞した日に検索されちゃう言葉って、果たして流行語なのかしら。
と、素朴に疑問に思うのでした。

さて最近、モヤモヤを一つ、さっぱり綺麗に解消したのですよ。

スマホ。

私はソニー製アンドロイド端末のXperiaを使い続けてますが
突如としてここ1、2か月くらいかな。あまりに調子が悪い。

もうもう、目に余る。

具体的には、バッテリー部分。

残バッテリー表示の%見てると、朝の通勤時の小一時間だけで30%近くもなくなっていたり、
残り35%くらいで突然シャットダウンしたり。

スマホって、いくつか致命的なトラブルがあるけど、バッテリー関連もその一つだと思う。

あまりにもヒドイのでね。

契約キャリアであるドコモのサイトを見ると、バッテリー交換には数日かかる上に1万円くらい費用がかかる。

だからといって買い替えるか、といっても2年縛りが残っていて、
まだあと半年くらい経たないと魔法が解けない。

違約金払ってまで買い替えるのもアホらしいし納得いかない。

一応、auのショップに行って、ナンバーポータビリティした場合の特典を調べたり、
ドコモのコールセンターに相談して「ナンバーポータビリティしようと思うけどさ。ね。」と相談して
結構なドコモポイント提示されて引き止められたりしたけれど、
まあどう計算したって、買い替える場合はバカバカしいお金を払う事になりそう。
(少なくとも1万円は超えちゃう感じでした)

そいで、「ケータイ補償サービス」というのに自分が入っていたことに気づく。

月額380円払っている割にまったく加入している印象のないサービス。

落としてガラス割ったりしても、5000円くらいで同一機種の新品を送ってきてくれて
そのままその交換機種を使い続けて良いよっていうサービス。
(壊れた機種は期日までに送り返す。たぶんそれが修理なりされて、別の方の交換機になるんでしょ。)

さて。ドコモのコールセンターに連絡してみる。
自分のスマホの状況を話してみて、この補償サービスの対象になるのかどうか、聞いてみる。

明らかに残バッテリーなのに突然シャットダウンしちゃう、というのは
この補償サービスの対象になるのだそうな。

という訳で、早速利用します宣言でお願い。

翌日には、色も含めて同一機種が届いた。「翌日には届く」、というのが実に良いですね。

グタグタな旧機種から、届いたばかりの新品の機種にデータを入れ替え、
旧機種はデータをクリーニングしてとっととドコモさんに送り返し、
めでたく「激速バッテリー低下」や「突然シャットダウン」のイライラから解放されました。

ケータイ補償サービス。

月額380円だから、年間で4560円ほど。結構な費用を払っているのね。
5000円ほどで同一機種の新品がやってくるのなら、活用しない手はないと思う。

が、このサービスって、正直いってあまり認知されていない気がするぞ。
*auにもドコモ同様、月額380円の補償サービスがある。

時々、電車やなんかで「割れたままの画面のスマホ」をいじっている人がいるけど
こういうサービスの存在をもし知らないままだとしたら、もったいないと思うな。

12月はいっぱいお掃除する季節。

モヤモヤは、早く解決して気持ち良い年末をお迎え致しましょ。

ではまた!

当ブログについてのご意見・ご感想などなど、お便りお待ちしております。

↓↓

blog@0438.jp

文)そんないプロジェクト・イワタ

No Comments