第10話「みなさんへの大切なお知らせ」の巻

そんないプロジェクトのイワタです。

ゴールデンウィークも明けて、お仕事再開の方も多いのじゃないかな?
観念して、各自の持ち場でおのおの勘を取り戻していただいてね、
世のため人のために頑張ろうじゃないかあ。

まだまだ連休を満喫できている方はね、そのまま思いっきり楽しむこと。
おうちに帰るまでが、連休ですからね。真面目に、おおいにはしゃいでください。
怪我や病気には気を付けるのよ~。

さて、一方の私は入院期間もはや10日となりまして。

だんだん、「持て余す時間」というものも出てきましてね。これを「余暇」と言うのかッ ←多分ちがう。

案外、入院してから6日目くらいまでは、高熱との戦いとかあって、「暇」ということは感じなかったんですが。

熱も下がり始めてからは、ちょっとこう「ずいぶんやることねーじゃねーか」な時間が増えてきましてね。

スマホやiPadなんかも持ち込んでましたけど、
一番時間つぶしに役だったのは、Kindle PaperWhiteですかねえ。

Kindleでマンガもいっぱい読んだし、活字の本もたくさん読んだし。
やっぱり、「目が疲れないデバイス」は、こういう場所ではとても重宝します。

とはいえ、病院って、あんまり集中力がもたないなあということにも気づいた。
多分、普段お仕事の合間に本読んでる時の方が、よっぽど集中している気がする。

入院している時って、そもそもあんまり何かに集中できる環境じゃないんでしょうね。
これから先も、無理に集中したりせず、ゆっくり過ごそうと思っていますよ。

そんな訳で、ここから、とっても大切なお話です。

ブログの中で触れている通り、私は、自分自身にとっても突然な「入院治療」をしながら、現在過ごしています。
※病名については、ここでは触れません。悪しからず。

割とすぐ退院できるんじゃないかな?という当初の医師との会話もむなしく、
どうやら、入院期間がもっともっと、長くなりそうなのです。

正直言って、色々と、不安でいっぱいです。

前を向いて、治療にしっかり取り組んでいくのは、誰に言われずとも
勿論のことなのですが、それでも、人間、長期療養は不安でいっぱいなのです。

それで、正直なところ、とっても悩みました。

このブログを、細々とでも続けるか、一時休止とするか。

このブログは、企画当初から「そんないプロジェクト」のブログとして考えてスタートしました。
たまたま私が書いていますけど、これは私個人のブログではありません。

このまま、私個人の「闘病日記」や「入院あれこれ」みたいなことを書くのは、
「そんないプロジェクト」のブログというものとは意味が変わってきます。

ブログを始めてからたった10話でしかないこの時点なのですが、
少しの間、治療に専念して、私からのブログ更新を一時休止すること、どうかお許しください。

治療に専念したいと思います。

そのかわり、元気になったら、またここで文章再開することもあると思っています。
文才ある訳ではないですが、モノを書くのは楽しいものですのでね^^

このブログを始めてから、皆さんからいただく暖かいコメントやメール、すべて拝読しております。
本当に、本当に、勇気づけられています。

心から、ありがとう。

それでは。
一度、ここで、私の更新は、しばしお休みさせていただきますね。
消灯!!  ←まーじで早いんだって病院の消灯時間ってば。

当ブログについてのご意見・ご感想などなど、お便りお待ちしております。
↓↓
blog@0438.jp

文)そんないプロジェクト・イワタ

4 Comments

  1. sorapa より:

    楽しく読ませて頂いてます。
    しっかり療養してください。
    ブログの再開、待っています。

  2. Name* より:

    大丈夫ですかー、お大事に

  3. もち より:

    4年くらい前に、そんなことないっしょを聴き始めて、そんないプロジェクト関係の番組をPodcastで聴いているサイレントリスナーです。イワタさんのことは、そんなことないっしょでモトミヤさんがお休みしたときに、何回か出演されていたと記憶しております。そんないっとだるで入院していることを知りました。病状がわからないこと、ブログに不安であること綴られているのをみて、一言『元気になって、Podcastで声が聞けるを楽しみにしております」と伝えたくコメントを書くことにしました。ブログ趣旨のことをおっしゃられていましたが、なにも情報がないとリスナーも不安になりますので続けてください。

  4. とまちー より:

    入院生活はとても飽きますよね。静かにこのブログを見ていた自分としては少し寂しい感じもありますが、ブログのことは一度だけすっと頭から取り出してしまって治療に専念して早くブログの再開をされることを期待しています。