第97話 葛飾北斎

こんにちはっ

ゆうなです!

 

先週は、体調を崩してしまいお休みを頂きました。

申し訳ありませんっ!

現在、私が住んでいる沖縄には台風が近づいていますっ

本州への影響もありそうなので皆様お気をつけ下さい~!

 

さて、芸術の秋のお話しをしていますが

私はこの夏に、『北斎展』へ行ってきました!

沖縄の浦添市美術館というところで、

7月14日から9月2日にかけての展覧会で、

もう終わってしまいましたが、感想などお伝えしたいと思います。

 

その前に、葛飾北斎といえば!

今年最初のそんないブログでご紹介しています。

第64話 葛飾北斎と沖縄」で、北斎が琉球を描いた

『琉球八景』のお話しをしました☆

実はこの琉球八景、今回の展覧会を開催している

浦添市美術館が所蔵しているんです!

 

今回の北斎展は、

魚、植物や人の表情、動作を生き生きと描いた『北斎漫画』、

四季折々の富士山を描いた『富嶽百景』など、

200点以上の作品を見ることができました!

 

夏休み期間だったこともあり、

子供からおじいちゃん、おばあちゃんなど家族で来ている方が

多かった印象です。

 

小学生の男の子が、北斎漫画の『雀躍り』の動きを

真似していたのが面白かったです。



私がこの展覧会で興味を惹かれたのが、富嶽百景の

『鳥越の不ニ』とりごえのふじ、という作品です。

富士山をバックに、建物の屋上のような高台に

お侍さんやお役人らしき人物3名が描かれた作品なのですが、

高台に、大きな輪っかが描かれているのです!

 

富士山と、瓦の屋根と、近未来的なこの物体がミスマッチで

不思議と興味を持ってしまいました。



調べてみると、

球形の物体は「渾天儀」と呼ばれ、これによって天体観測を行い

正確な暦を作っていたそうです!

幕府に、天文台があったんですね☆

 

現在の天体観測といえば望遠鏡!

第211回 そんない理科の時間」では、電波望遠鏡の話をしています☆

こちらも是非聴いてみて下さいっ

 

絵の細やかさだけではなく、当時の世の中も知ることができて

見ごたえのある展覧会でしたよ〜!

 

いかがでしたか?

今回はこの辺にしたいと思います!

皆様からのご意見ご感想など

メールをお待ちしております☆

blog@0438.jp

こちらまで!

コメントも嬉しいです!

それでは皆様、また来週……



文)そんないプロジェクト ゆうな

No Comments